自律神経系の症状

自律神経失調症でお悩みの方

自律神経失調症になると、特に原因が思い当たらないのに様々な症状が現れます。
(慢性的な疲労、だるさ、めまい、偏頭痛、動悸、ほてり、不眠、便秘、下痢、微熱、耳鳴り、手足のしびれ、口やのどの不快感、頻尿、残尿感など)
精神的な症状としては、イライラ、不安感、疎外感、落ち込み、やる気が出ない、ゆううつになる、感情の起伏が激しい、焦りを感じる、など症状はいろいろあります。

自律神経失調症でお悩みのイメージ

自律神経失調症チェック

該当する項目がいくつあるか、数えてみましょう。

  • めまいや耳鳴りのするときが多い。
  • 立ちくらみをよく起こす。
  • 胸が締め付けられる感じがする。
  • 胸がザワザワする感じが時々ある。
  • 心臓がいきなり早くなったり、脈拍が飛ぶようなことがある。
  • 息苦しくなるときがある。
  • 夏でも手足が冷えるときがある。
  • 胃の調子が悪いときが多い。(お腹がすかない・胸やけなど)
  • よく下痢や便秘をする。または便秘と下痢を繰り返す。
  • 肩こりや腰痛がなかなか治らない。
  • 手足がダルイ時が多い。
  • 顔だけ汗をかく。または手足だけ汗をかく。
  • 朝、起きる時に疲労を感じる。
  • 気候の変化に弱い。
  • やけにまぶしく感じる時がある。
  • 寝ても寝ても寝たりない。
  • 怖い夢をよく見る、または金縛りにあう。
  • 風邪でもないのに咳がよく出る。
  • 食べ物を飲み込みつらい時がある、喉に違和感がある。呂律がまわらない時がある。

〈診断結果〉

0~1個・・・自律神経に狂いはなさそうです。

2~3個・・・自律神経に負担がかかっているかもしれません。

4~6個・・・自律神経失調症になりかけているかもしれません。

7個以上・・・すぐに休養をとり、できるだけ早く当院に御来院ください!!

〈治療法〉

副交感神経を優位にする為、まず全身をほぐし、血流の流れを良くし、その後、交感神経を抑制するツボに鍼、お灸をする。
それにより、3大神経伝達物質の1つ、セロトニンを多く分泌させる治療

おすすめメニュー

◆自律神経治療

7,000縁

ご予約お問い合わせはこちらから
このページのトップへ
Copyright (c) Hachi Shinkyuin All rights reserved.